五臓圓ビルについて

五臓圓ビルは、昭和6年に建築され、鳥取大震災(昭和18年)と鳥取大火(昭和27年)にも耐え抜き、建築以来約80年を迎え用とする歴史的建築物。五臓圓ビルは、智頭街道商店街付近が最も繁栄した昭和10〜20年代には、街のシンボルとして燦然と君臨していました。平成22年1月には、文化庁の登録有形文化財として指定され、その歴史的価値も認定されました。

五臓圓ビルの歴史

五臓圓ビルは、昭和6年、個人建築としては鳥取で初めてとなった鉄筋コンクリート三階建ての建築物です。スクラッチタイルと大理石を張ったモダンで豪華な外観は、江戸時代から続く薬種商森下家の先代が流行の意匠を取り入れて、旧鳥取県立図書館と同じ業者に施工させたといいます。昭和18年の鳥取大震災でびくともせず、同27年の鳥取大火でも消失を間逃れました。当時、城下町一番の繁華街だった智頭街道のランドマークとして、災害の記憶とともに現代に語り継がれている、貴重な歴史建築です。(出典:『県民の建物100選』)

五臓圓ビルは、大正から昭和初期に最も栄えた中心商店街の智頭街道と二階町通りの交差点にあります。鳥取市の本格的鉄筋コンクリート造の建築では協立銀行・鳥取市庁舎(但し鉄筋ブロック造)・鳥取県立図書館に次いで四番目に古く、現存する建物としては最古となっています。
森下家は藩政時代よりこの地で代々「石見屋」の屋号で生薬等の商いを営んでいた老舗です。初代の頃、僧より伝授された「三心五臓圓」という滋養強壮の家伝薬と各種生薬を代々扱い、日露戦争後は家庭用医薬を、大正には西洋医薬も卸小売する薬種商として栄えてきました。
明治以降の薬種商としては四代目となる森下清治(明治6年生)は、予てからの西洋館建築の願いを実現するため、昭和4年に着工した県立図書館に合せて同じ新工務所(大阪市北区・新定蔵・東伯郡八橋町出身)に工事を発注し、同6年1月に五臓圓ビルは完成しました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です